おまとめローン

三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用する

三井住友銀行カードローンもおまとめローンとしても利用可能です。三井住友銀行カードローンのホームページでも

 

 

  • おまとめローン
  • 借り換えローン

としての利用が可能であることが明示されています。しかし利用は可能であっても審査が厳しくなる条件の

 

 

  • 低金利である
  • 借入額が大きくなる

と言う要素のどちらも当てはまる三井住友銀行カードローンのおまとめローン利用ですから審査には注意を払わなくてはいけません

三井住友銀行カードローンのホームページの例から読み取るおまとめローンの審査

三井住友銀行カードローンのホームページにはおまとめ例、借り換え例が掲載されています。

 

 

A社からの借り入れ
借入額:100万円
利率:年15%
返済額:月30,000万円


 

B社からの借り入れ
借入額:50万円
利率:年18%
返済額:月10,000万円


↓↓↓

 

三井住友銀行カードローン
極度額:150万円 借入額:150万円
利率:年10%(※1)
返済額:月20,000万円(※2)


※1 借り入れ利率は極度額によって変動します
※2 返済方式は残高スライド方式になっています

 

という例が掲載されています。150万円のおまとめローンの利用の例ですが、この金額なら審査が通ると言うわけではありません

 

2015年の日本の平均年収が440万円ですからその辺りの層の方をモデルとしたおまとめローン例だと思われます。どうせ例を掲載するならなるべく大きな額のおまとめ例を掲載したいでしょうから、この層の年収の方の最大限のものを掲載していると思われます。

 

その辺から三井住友銀行カードローンをおまとめローンの可能範囲を紐解くと、

 

 

150万円は年収の440万円の約1/3ですから三井住友銀行カードローンのおまとめは逆に総量規制範囲内での申込がベスト


と言うことが読み取れます。三井住友銀行カードローンのおまとめローンの適正に合わない(総量規制の範囲を超えてしまう)方はしっかり与信を審査してもらえるプロミスのおまとめローンを検討すべきでしょう。

 

>>プロミスをおまとめローンとして利用する

総量規制の例外でおまとめローンをしっかり審査してもらおう!

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円