おまとめローン

プロミスをおまとめローンとして利用する

複数の返済をおまとめローンでまとめるのであれば金利の低いおめとめローンに越したことはありませんが、

 

 

  • 借入件数が多い
  • 借入金額が多い
  • 年収が少ない

こういった場合は低金利なおまとめローンでは貸し倒れリスクを回避するために審査が厳しくなってしまいます。そういった場合には大手銀行カードローンの保証会社も勤めるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの出番です。

 

 

プロミスでおまとめローンをするメリットはあるの?


 

  • 借入額が多くなるので金利が低くなる
  • 毎月の返済額が軽減される
  • 最低返済額が少ない

というメリットがあるのでプロミスのおめとめローン利用手順を紹介します。

最重要なのはネット申込み後に電話すること

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは消費者金融ですから総量規制の対象になっています。ですので通常申込みでは年収の1/3以上の金額をおまとめローンとして借入することはできません。

 

 

要するに年収の1/3以上をおまとめするのにネット申込みだけでは審査が通らないのです。


そこでトップページでも説明している総量規制の例外を適用させる(プロミスでは貸金業法に基づくおまとめローンとなります)わけですが、適用させる方法はひとつ、

 

 

プロミスにネット申込み後に電話する


これです。プロミスの申込みフォームの”お借入について”を見た際に総量規制の範囲を超えていればプロミス側で気付いて電話で総量規制の例外での借り換えを案内してくれる可能性もありますが、申込み後に電話するほうが確実です。

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンが可決した後の融資手順

プロミスでのおまとめローンが可決したなら、契約をして他の貸金業者への完済をしていくことになります。この際は申込者本人の口座や現金で融資されるのではなく、

 

 

プロミスが直接て他の貸金業者へ申込者名義で振込完済することになります。


ですのでプロミスでおまとめローンが可決すれば安心して返済に専念できることになります。

プロミスでおまとめローンする際に注意したいこと

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンでは融資対象が”他の貸金業者からの借入”となっている為、

 

 

その他の使途のために借り増しすることはできません。


総量規制の対象外にするために”顧客に一方的有利な借り換え”になっているわけですからそれはもちろん当然のことにはなります。また、

 

 

銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠はプロミスの貸金業法に基づくおまとめローンの対象外


になることも注意しなければいけません。

以上の説明からプロミスの貸金業法に基づくおまとめローンに申込んでみたいなら
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠をおまとめするにはどうすればいいの?

銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠はプロミスの貸金業法に基づくおまとめローンの対象外ということは前述の通りです。しかしおまとめローンでまとめる対象の借入の中に、

 

 

銀行カードローンがある事はよくあることです。


その場合はいくらプロミスでも貸金業法に基づくおまとめローンを利用して、総量規制の例外で借り換えることはできません。ではどうすればいいのか?

 

 

しっかり総量規制を理解して計算すれば、プロミスのフリーキャッシングでおまとめ・借り換えが可能なのです!


 

え!?どういうことですか?


先ほどプロミスの総量規制の例外の適用商品貸金業法に基づくおまとめローンを説明しましたが、それを利用するのは、総量規制の範囲を超えてしまう借り換え・おまとめローンの場合です。例えば、

 

年収450万円の方が、消費者金融AI社で50万円信販会社R社のカードローンで50万円の既存借り入れをプロミスでおまとめローンしたいと考えているとします。

 

総量規制は貸金業者からの既存の借入+借入希望額が年収の1/3までしか貸せない訳ですから上記の例の場合、

 

 

貸金業者からの既存の借入:100万円+借入希望額:100万円で合計200万円が貸金業者からの借入となり、年収の1/3の150万円を超えてしまいプロミスに申し込むことが出来ません


 

このような場合に総量規制の範囲を超えて借り換え・おまとめできるプロミスの貸金業法に基づくおまとめローンを利用するのです。


では本題の銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠をプロミスでおまとめするにはどうすればいいのか例に挙げると、

 

年収450万円の方が、銀行カードローンU行で50万円信販会社R社のカードローンで50万円の既存借り入れをプロミスでおまとめローンしたいと考えているとします。

この場合、銀行カードローンは総量規制の対象外になりますので、既存の貸金業者からの借入:50万円+借入希望額:50万円で合計100万円が貸金業者からの借入となり、

 

 

年収の1/3の150万円以内に収まりますので、プロミスのフリーキャッシング(通常申込)で借り換え・おまとめローンの申込が可能になるのです。


銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠でもプロミスに申し込めるかどうかしっかり計算すればおまとめ・借り換えが可能
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

銀行カードローンのおまとめのみでどうしてもプロミスでは金利が低くならない場合は銀行カードローンでまとめましょう

 

銀行カードローンのおまとめは銀行カードローンを利用しましょう。


銀行カードローンでもおまとめローンとしての利用を推奨しているカードローンがあるのです。もちろん大手消費者金融のプロミスほど審査能力は高くはないですが、銀行カードローンとしても高額借入の契約を取るチャンスでもあります。

 

そのあたりのリスクと高額貸付を取れるというチャンスに前向きな銀行カードローンに申込めば、銀行カードローンの借入があってもおまとめローンで一本化が可能です。後はどういった銀行カードローンがおまとめローンに積極的なのかを見極めればいいだけです。

おまとめローンに積極的な銀行カードローン見極め方

おまとめローンに積極的な銀行カードローン見極め方は簡単です。それは銀行カードローンのオフィシャルサイトに隠れています。おまとめローンを取りたい銀行カードローンは、

 

 

しっかりおまとめ・借り換え利用可能とちゃ〜んと書かれているのです。


MR.カードローン

 

 

MR.カードローン
【住信SBIネット銀行】

借り換え・おまとめ利用も可能なMR.カードローンは審査が通れば心強い金利で借り換えることが可能です。あまり告知されてはいませんが実は住信SBIネット銀行の低金利住宅ローンにお世話になっている方も多いのではないでしょうか?
住信SBIネット銀行MR.カードローンも超低金利でおまとめローン・借り換えローンに適しています。個人の与信状況によって金利が審査されますが、最高でも年14.79%〜で低金利になれば年14.79%〜1.59%の超低金利でおまとめ・借り換え可能な上に住信SBIネット銀行関連ローン利用状況によりさらに0.1%〜0.6%金利優遇されるサービスもあります。

金利 年利 0.99%〜14.79%
借入限度額 最高1,200万円
じぶん銀行カードローン

 

 

じぶん銀行カードローンは借り換え利用なら金利優遇もある借り換え・おまとめ推奨カードローンです。
じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資したネット銀行です。借入も最大800万円までとおまとめローンに十分なスペックで金利も2.2%〜17.5%と低金利になっています。
借入上限額が100万円以下の場合は収入証明書も必要なしでauユーザーの借り換えなら金利0.5%の優遇もあり、月々の返済も1,000円からと小額になっています。

金利 年利 2.2%〜17.5%
限度額 最高 800万円