おまとめローン

特定調停とは?

特定調停は任意整理と同様に、決められている上限金利まで金利を引き下げ、現在残されている借金を減額することが出来る方法です。これを利用することによって、任意整理同様に借金を減額することが出来て、しかも利息が増えなくなるため返済をしやすくできます。

 

しかしこの方法は裁判所を利用することとなるため、任意整理に比べるとかなり時間のかかる行為となっています。

 

任意整理と比べた特定調停のメリット

従って利用する方があまり多くないのですが、裁判所の仲裁をしないと減額が出来ないような会社であれば特定調停を利用することもあります。

 

債務者と債権者の間には簡易裁判所が入ることとなり、この裁判所が調停を行うように説得してくれます。第三者を立てずに任意整理を行う際も簡易裁判所が仲介してくれるので交渉しやすいと言うメリットもあります。

法的強制力はない

互いに同意することが出来れば、特定調停が適応されて借金は減額されます。この減額幅は任意整理と同じようなものであり、沢山の金額を減らすことはできません。一気に減額して返済を加速させたいと思っても、

特定調停ではそのような力は無く法的強制力はないのです。

減額が出来ないのに手間がかかりすぎるというのがデメリットであり、しかも特定調停が成立しないケースが多々あることから、使いづらい方法とされています。

自分が詳しくないのならやはり詳しい第三者(司法書士・弁護士など)を立てて任意整理する方が効率的

また特定調停は仲裁する裁判所が、こうした行為に対してあまり詳しくないケースもあり、減額される借金の中に過払い金が残っているなんてこともあります。任意整理であればそうした部分を確認してから手続きを行っていきますが、特定調停の場合は裁判所の調停基準によって設定されます。

 

そのため過払い金がそのまま含まれてしまい、返済時に払い過ぎという状態が出てしまうのです。こうした理由により、個人的に特定調停を行う場合を除き、殆ど利用されることがありません。

 

弁護士等を利用して特定調停を利用することもできますが、この場合はまず任意整理じゃ駄目ですかと聞かれることが多く、他の方法を模索する動きあります。経緯については説明する必要はないものの、裁判所の判断次第で減額幅が変わり、最悪の場合は過払い金の支払いに応じることになる、ちょっと厄介な方法なのです。