おまとめローン

任意整理とは?

債務整理でも一番重度の低い整理方法

任意整理は債務整理の中でも一番簡単な方法であり、多くの方がまずは手をつける部分でもあります。この方法は債権者との交渉を行い、ある程度の減額を目指していくことになります。

 

 

債権者が認めてくれれば成立する

債権者は提示されている条件を見て判断することとなり、減額してもいいということなら任意整理が認められます。

任意整理の他の債務整理と比べてのメリット
  • 裁判所に行って判断を仰ぐ必要性もありません
  • 財産を処分して生活が厳しくなってしまうこともありません。
任意整理のデメリット

そのため債務整理の中でも一番簡単に行える方法なのですが、減額できる借金には限界があり、あまり多くの金額を減らすことができません。

 

デメリットとしては残っている借金がやや多くなってしまい、完済の予定日までに全て返済できるか微妙な状態になりやすい部分です。

第三者(司法書士・弁護士など)を立てる必要はあるの?

この方法は個人でも行えるのですが、債権者との交渉をすることになりますので、弁護士や司法書士の力を借りる方がいいことも多いです。自分が言いづらいこともはっきりと言ってくれますし、もっと減額したい時にも協力してくれます。
安心して任せられるということを考えれば、弁護士や司法書士の力は借りた方がいいでしょう

債務に対する任意整理のメリット

この方法は相談をした後、取り立てが行われないように通知を出し、その後適正金利に戻して借金の額を減らします

元本自体を大幅に減らすのではなく金利によって増えている部分を削っていくような形

と考えてください。後は債権者がこの内容に同意して、決められた返済期日までに全て完済することを確約すれば、任意整理が成立することとなります。

 

この方法は過払い金請求を合わせて行うケースが多く、大幅な減額を狙うためには絶対に併用しなければなりません。それほど元々の減額が小さいものとなっているため、思っていた以上に減っていないことも多いのです。

 

弁護士等の利用料金もかなり安く、利用すれば利息の発生が止まるというメリットはあるものの、それを除けば通常の返済と変わらないので、ある程度返済に余裕が無いと難しい方法です。