おまとめローン

おまとめローンの審査の度合い

私はある理由でカードローンを複数借りていたことがあります。

 

現在では、法規制により年収の三分の一以下しか借り入れはできないようになっておりますが、実際はある程度の許容範囲があるように思われます。

 

事実私はA社B社C社から借り入れを行っておりましたが、合計金額は実に350万円の借り入れを行うことが出来ました。

 

勿論年収の三分の一以上の金額です。

 

法規制があるように実際年収の三分の一以上の借り入れを行うと返済がすごくきつく色々な会社のおまとめローン審査を申し込みました。

 

大体おまとめローンと言われるものの審査には他社から何社合計金額いくら借りているかを記載するのですが、一社一社通って借りていたこの金額もおまとめローンの一社で審査するとほとんどとおりませんでした。

 

銀行系のカードローンなどは収入の三分の一制限がないわけですが、このような銀行系のおまとめローンも全くとおりません

 

本当に収入の三分の一以上の借り入れを行う事ができた人がいるのか知りたいくらいです。

 

ただ第一にカードローンは借りる人の信用度で審査が行われるため、現状すでに何社にも渡り、多くの借り入れを行っている人は信用度が低いのでしょうね。

 

また、借り入れるための理由や、返済能力、使途などは細かく審査されます。

 

場合によっては電話で確認も入ります。

 

おまとめローンという種類のローンはほとんど試しましたが、とおりませんでした。

 

唯一おまとめローンという種類で審査を通ったのが、いわゆる不動産担保ローンでした。

 

これは通常のおまとめローンは人の信用価値に対して審査するわけですが、不動産担保ローンはその名の通り、不動産に対しての評価により、借り入れを行うかどうか決めるのです。

 

ですので、借りる方が借金していても、不動産価値があり、返済できなくなっても不動産を差し押さえることで十分回収ができるのです。

 

ですので、不動産を担保にしたおまとめローンであれば比較的とおりやすくなるかもしれませんね。勿論土地の価値にもよりますが。

実際にはこれは総量規制の例外の顧客に一方的有利となる借換えで審査されていたので審査が通ったんですね。しっかり借り換えであることを伝えておまとめしましょう。