おまとめローン

ろうきんにもおまとめローンはあるの?

「ろうきん」とは、「労働金庫」の略で、労働者がお金を出し合って作った金融機関です。金融機関という名前を使ってはいますが、「労働者が資金を出し合って作った」という点から、協同組織ともいうべき存在です。

 

ニュアンスとしては生協(生活協同組合)などに近いものがあるといっても良いかもしれません。もちろん金融機関なので通常の銀行と同じように預金やローンを組むこともできますが、資金運用の方法や運営方法が銀行と異なります。まず銀行との違いといえるのが、ろうきんは「非営利組織」であるという点です。

 

そのため、資金の運用についてはあくまでも労働者の福利厚生の充実を目的として行われ、そうした意味で融資の場合も低金利をひとつのテーマとしています。

 

ちなみに、このろうきんの会員になるための資格としては労働組合や共済組合の会員であるという点がありますが、ろうきんのある地域で働いている人であれば会社に労働組合等がなくてもろうきんを利用することができます。

 

そんなろうきんのローンですが、会員であれば非常に低金利で利用できるものが用意されています。たとえばカーライフローンで年2.8%、教育ローンで年2.1%、使用目的を限定しないフリーローンですら年5.0%という非常に低い金利が適用されます。もちろん他の銀行や消費者金融などからの借金をろうきんで借り換えて「おまとめローン」として利用することも可能です。

 

非常に低い金利設定のろうきんですから、ローンをまとめることで返済が楽になると思われがちですが、目的が「何かを買うため」ではないためやや審査基準が他の場合に比べると高くなる傾向にあります。さらに、労働組合などの会員でない場合には、こうした「おまとめローン」の利用が難しい場合も考えられますので、必ずしもろうきんを利用している人全員が恩恵を受けられるというわけではなさそうです。

 

とはいえ、勤務先の会社に労働組合などがある人の場合は、ろうきんのおまとめローンを利用して低金利で返済できるということも夢ではありませんので、ぜひ利用したいところです。