おまとめローン

おまとめローンの利用先として最適なのはどこか?

 

おまとめローンの利用先として銀行という選択肢はなくなっている

おまとめローンの審査を申し込む場合に注意したいのは、

 

 

「どこなら融資を受けられるのか」という点です。


 

おまとめローンといえど審査に通過して融資を受けるということに変わりはありませんので、手当たり次第に申しこめば良いというわけではありません。そのため、

 

 

少しでも審査に通る可能性を高めておく必要がある


 

のですがおまとめローンの場合はどうしても高額の融資を受けることになりますので、審査基準についても通常の融資に比べるとハードルが上がります。一般的にはおまとめローンの審査基準としては以下の順にハードルが高くなる傾向にあります。

 

 

消費者金融⇒信販会社⇒銀行ですが、銀行は金融庁の規制以降はおまとめローンの利用は難しくなっています。


なぜおまとめローンの利用先として銀行という選択肢はなくなっているのか?

自己破産者の増加により、金融庁の銀行カードローンの規制がされたわけですが、

 

 

その規制で最もはじめに着手されたのがこのおまとめローンなのです。


 

多重債務を抱えている利用者に、更にお金を貸すおまとめローンは、自己破産者増加の主な原因だと金融庁には分かっていたのです。

 

 

しかも銀行カードローンは、おまとめローンで貸したお金で既存の借り入れを完済したかどうかは管理していなかったのも問題視されていました。。


 

なのでまずメガバンクのカードローンから借り換え利用は禁止になり、徐々にネット銀行地方銀行も自粛しだしました。現在ではほとんどおまとめローンで利用できる銀行カードローンはありませんが、残っているところも審査基準が銀行は厳しいく、その理由のひとつに銀行は、

 

 

低金利の融資を行っているという点が考えられます。


 

金利が低くなれば利用者にとっては支払う利息も少なくて済みますのでメリットが大きくなりますが、審査を行う銀行にとっては利息として得られる金額が少なくなります。そのため、確実にひとりひとりの利用者から利息を得られるようにしておかなければ銀行にとっては損失のほうが大きくなってしまいます。そこで

 

 

審査段階で確実に返済してもらえる人を絞り込んで少しでも返済されないリスクを軽減する必要


 

があり、こうした理由から低金利で利用できる銀行は審査基準が厳しい傾向にあります。消費者金融は銀行に比べると高い金利が適用されますが、その分審査基準については銀行よりもハードルが低いといえます。

 

また、消費者金融の場合は銀行よりも幅広い層を融資対象として想定していますので、その分審査基準についても銀行に比べ緩和されていると考えられます。

 

おまとめローンに限らず融資を受けるための審査というものは通らなかった場合でもその情報が個人情報信用機関に登録されてしまいます。そのため、もしも審査に通るかどうか不安だということであればまずは消費者金融に相談してみるというのもひとつの方法といえるでしょう。

page top