おまとめローン

おまとめローンを利用するなら消費者金融と銀行どちらがお得?

 

おまとめローンを利用するにあたり、どこに申し込むべきかというのは多くの人が悩むところです。現在、おまとめローンを利用することができるのは大きく分けて

 

 

  • 「消費者金融」
  • 「銀行」

の2つが考えられます。まず、消費者金融でおまとめローンを利用する場合ですが、この場合のメリットは

 

 

総量規制の対象外になるという点にあります。


消費者金融で融資を受ける場合というのは総量規制があり、

 

 

年収の3分の1までしか融資を受けることができない


ため、あまり高額の融資を受けることができません。ただし、

おまとめローンの場合は総量規制の例外により消費者金融であっても総量規制の規定が適用されない

ため、年収の3分の1を超えて融資を受けることが可能となります。おまとめローンの利用ともなれば、ある程度まとまった金額での利用が必須となりますので、

消費者金融であっても総量規制が適用されない利用ができるというのは大きなメリットといえます。

逆に銀行でおまとめローンを利用するメリットは?

次に銀行でおまとめローンを利用するメリットについてですが、銀行の場合は低金利で利用できるという点が挙げられます。もともと銀行の場合は総量規制という規定の適用が行われないうえに、消費者金融に比べて低金利で融資を受けることができるという特徴をもっています。

 

おまとめローンの場合は一種の借り換えなので、現在利用しているところよりも低金利で借り換えることができればその後の返済についても楽になることは言うまでもありません。

 

そのため、おまとめローンの利用においては消費者金融よりも銀行に相談する人が多いのが現状です。もっとも、この点については消費者金融でも同様であり、

 

 

高額の融資になるほど消費者金融でも低金利での利用が可能になることを考えると銀行と比較してもそれほど大きな差はない


ともいえます。また、消費者金融の場合は返済日が選べたり複数の返済方法が用意されていたりと様々な特典も用意されています。おまとめローンの目的のひとつが「返済を楽にする」ということであれば、消費者金融も選択肢のひとつとして考えておいても良いかもしれません。

消費者金融と銀行のおまとめローンで適用される法律の違い

おまとめローンを利用するにあたり、消費者金融と銀行のどちらを選ぶか、というのは最も基本的なものといえます。一見するとどちらも同じように思われがちですが、実際のところは細かい違いがあります。

 

 

銀行のカードローンは何故総量規制の対象ではないんだ?


例えば消費者金融と銀行系カードローンでは融資を行うにあたり制限を受ける法律が異なります。消費者金融の場合は貸金業法、銀行系カードローンの場合は銀行法という法律の制限を受けることになりますので、

 

 

消費者金融が制限を受ける法律と銀行が制限を受ける法律が違うからだよ!


おまとめローンの利用においてもこれらの法律の規定が適用されます。消費者金融で融資を受ける場合に「総量規制」という規定が適用され、年収の3分の1が上限融資額というのは耳にしたことがある人も多いかもしれません。

貸金業法に基づく消費者金融のおまとめローンとは?

この総量規制には例外規定というものがあり、この例外規定が適用される条件としては既存の借入に比べて毎月の返済額が少なくなる、あるいはトータルで支払う利息が少なくなるなど

 

 

消費者金融のおまとめローンでも利用者にとって有利になる借り換えの場合には年収の3分の1を超えての融資も可能となるんだよ!


消費者金融ではおまとめローンとして専用の商品が用意されていることがあり、適用される金利や融資額なども通常の融資とは異なるプランとなっている場合がほとんどです。

銀行の「おまとめローン」とは?

それに対して銀行法では融資を行うにあたり収入についての規定を設けていません。その為、もともと銀行系カードローンを利用して融資を受ける場合というのは年収の3分の1を超えて借入を受けることができるようになっています。また、こうした背景もあって

 

 

銀行では「おまとめローン」としての専用商品が用意されていない場合がほとんどなんだよ。


「おまとめローンとしても利用できます」というテーマでカードローンの商品を展開しているといったケースが多く、これは銀行法が融資を行うにあたり収入についての規制を設けていないことが関係しています。

 

 

銀行の場合は通常のカードローンをおまとめとして利用すればいいってことだね!


このように、同じように見える「おまとめローン」であっても融資を行うために基本となる法律が違うため、その本質は全く違うものとなっています。

おまとめローンで増額を受けたい場合

おまとめローンは、基本的に返済専用のローン商品となります。その為、通常のカードローン商品とは異なり返済した金額を再度借入を受けるといったことはできません。これはどういうことかといえば、おまとめローンというものは

 

 

原則として借入金額の増額もできない


ということです。例えば、既に3件の借入をまとめている状態で、その後4件目をまとめたい、ということになった場合には、すぐに対応してもらうことが難しいということになります。

おまとめローン融資のリスク

そもそもおまとめローンというのは、既にどこかの業者から借入を受けている状態で融資を受けることになりますのでただでさえ審査基準もハードルが高いものとなります。

 

おまとめローンのサービスを提供する業者にとっても、既に複数の借入がある状態で多額の融資を行うことになりますので返済されなかった場合のリスクも大きくなるからです。

 

 

増額してもらう方法はないのかなぁ・・・


それだけにおまとめローンの利用がスタートしてから実はもう一件まとめたい業者があります、と相談されたとしてもそうおいそれとまとめてもらうといったことは難しいのが現状です。そのような場合には、まずは

 

 

返済実績を積み上げて信用度を高める


これが最も有効な方法です。おまとめローンに限らずキャッシングの審査というものは、この人に融資をしても大丈夫だ、ということをまずは判断してもらうことが大切であり、そのための近道なのが返済実績を積み重ねることです。

増額は返済実績が影響する

また、まとめたい借入が現在利用しているおまとめローンとは別にある場合には、その残りの分についても

 

 

返済を確実に行い少しでも借入残高を減らしておくことが大切です。


そうすることによって、新たにおまとめローンに加える場合でも融資を行う金額を少しでも減らすことができますし、何より返済実績があることをアピールすることができるからです。

 

おまとめローンの増額は審査基準もどうしても高くなりがちですので地道に返済実績を積み重ねておくことが審査に通過する何よりの方法といえるでしょう。

page top