おまとめローン

住宅ローンをおまとめローンで利用する場合の注意点

おまとめローンは、複数のローン商品をひとつにまとめることができるものです。このおまとめローンは、主に商品展開しているのが消費者金融ということもあり、まとめるローン商品としてはカードローンを想定している場合がほとんどです。

 

 

住宅ローンをおまとめに組み込むなんてこと・・・


勿論、カードローン以外の住宅ローンやクレジットカードの支払いなどもおまとめローンとしてまとめることは可能です。但し、この場合気をつけたいのが適用される金利とおまとめローンでまとめることができる金額です。例えば、

 

 

おまとめローンを消費者金融で利用する場合は・・・


適用される金利は3%〜18%の間で決定されます。おまとめローンの条件としては、現在利用しているローンの金利よりも低金利になれば利用する価値もありますが、この段階で住宅ローンの方が金利が低い可能性は非常に高いです。

住宅ローンをおまとめローンとして利用する場合

おまとめローンという商品を積極的に推進している消費者金融の場合であってもおまとめローンとして適用できる最低金利が決められている場合があります。この場合には住宅ローンをまとめてしまうとかえって金利の面で損をするケースがでてきます。

 

また、おまとめローンで利用可能な金額についても消費者金融業者の場合は上限金額が決められており、数千万円単位の融資が必要な住宅ローンをまとめることはあまり現実的とはいえないかもしれません。

 

消費者金融の場合は高くても数百万円が上限となっている場合が多いためです。その為、既存のカードローンと

 

 

住宅ローンをおまとめローンとして利用するということであれば・・・


現在利用している住宅ローンに既存のカードローンの借入をまとめるといった方法が一般的です。但し、この場合はおまとめローンの利用先としては主に銀行となりますので、

 

 

審査基準についてはハードルが高くなるのは間違いありません。


住宅ローンの借り換えとなることから、住宅ローンや既存のカードローンが現在どの程度の返済状況なのかといった点についても確認が行われることになります。