おまとめローン

おまとめローンの利用開始後に無職になってしまった場合

おまとめローンは既存の借入に対する返済を楽にする事ができるものです。その為、返済をするためには安定した収入を得ている事が大前提であり、おまとめローンの利用条件についても安定した収入があるかどうかが大きなポイントとなっています。

 

しかし、おまとめローンの契約時には安定した収入を得ていたとしてもその後退職して仕事がなくなってしまった場合はどうなるのでしょうか。この場合まず最初にすべきは

 

 

おまとめローンの利用先にその旨を連絡することです。


退職する場合に限ったことではありませんが、引越などで住所が変わった場合など登録している情報に変化があった場合にはすみやかに連絡をすることが大切です。

通常のカードローンとおまとめローンの違い

そのため、退職して仕事がなくなったことを伝えないまま利用することのほうがむしろ問題視されることになりますので気をつけましょう。おまとめローンは通常のカードローンと異なり

 

 

返済専用のローン商品となりますので利用可能な金額を定めた限度額という概念が薄い商品となります。


その為、退職して収入がなくなってしまう場合などは返済計画を見直すといった対策のアドバイスを受けることになります。勿論、仕事がなくなったからといっておまとめローンの返済をしなくても良くなるといったことはありません。

利用先に連絡することが返済計画を見直す第一歩

但し、いくらおまとめローンの利用条件として安定した収入を得ていることというものが盛り込まれていたとしても、いきなり全額返済を求められるということはありません。

 

そのため、まずは正直に利用先に相談してその後の返済計画について考えていくことが重要となります。ここで最も気をつけるべきポイントとなるのは返済を滞納しないということです。そして、できるだけ早く次の仕事を見つけて

 

 

安定した収入を得られるという状況に戻すことです。


返済を滞納してしまうとさらに状況が不利になってしまいますので、そうしたことがないように常におまとめローンの利用先と相談を怠らないようにしなければいけません。