おまとめローン

おまとめローンの返済が延滞した場合

おまとめローンの利用において何よりも注意したいのが返済です。そもそもおまとめローンとは、通常のカードローンと異なり返済専用の商品であることから、融資を受けた金額の範囲で繰り返し利用することができません。

 

また、既存の借入に対する返済を少しでもスムーズに進めるということもおまとめローンの目的のひとつとなっていますので、おまとめローンにおける返済とは非常に重要なものといえます。

おまとめローンの返済の延滞のリスクって?

そんなおまとめローンの返済ですが、もしも滞納するとどうなるのでしょうか。まずは

 

 

おまとめローンの利用先から返済が遅れていることについての連絡が入ります。


もしも滞納が初めてということであれば、いきなり督促状が送られてくるということがないのは通常のカードローンの場合と同じです。この段階ですぐに遅れた分を返済すればその後は特に大きな問題になることはありません。

 

 

おまとめローンの遅延損害金って・・・


しかし、それでもなお返済が滞った場合には遅延損害金といったペナルティが課せられます。この遅延損害金は利息制限法によって制限利率の1.46倍が設定可能な上限となっており、

 

 

ほとんどの場合おまとめローンの遅延損害金は20%という利率設定です。


この利率をもとに計算された遅延損害金を併せて支払う必要があるのですが、おまとめローンの場合どうしても利用する金額が高額になりますので、適用される遅延損害金もまた高額になってしまします。

事態が大きくなる前に解決すべき理由

遅延損害金は延滞が発生してから支払いが完了するまで計算が続きますので、延滞日数が長くなればなるほど支払うべき遅延損害金も大きくなっていきます。しかも延滞が続くと、

 

 

家族や勤務先にも連絡が入るようになってしまいます


ので、できればそこまで事態が大きくなるまでに解決しておきたいところです。

 

 

早く解決しないとまずいことになるなぁ・・・


おまとめローンのように融資を受ける金額が高額になる場合は、返済も決して簡単にできることではありませんが、返済が滞納してしまうといろいろとデメリットが大きくなるので十分気をつけましょう。