おまとめローン

おまとめローンでできることとできないこと

おまとめローンでできること

おまとめローンは、複数の業者を利用してお金を借りている場合に返済をひとつにまとめることをいいます。返済先がひとつにまとまるため、

 

 

既存の借入先に対しては「完済」という状態になります。


おまとめローンの利用に際しては、

  • 新規の業者に相談する場合もあれば
  • 現在利用している業者のひとつに相談をしておまとめローンの契約をする

といったケースが考えられます。いずれの場合についても現在借入を受けているところに対しては一度完済という状態になりますので、完済が完了した業者との関係もなくなります。そのため、おまとめローンでできることとしては、

 

 

  • 借入先を減らすということ
  • 返済日が月に一回で済むということ

が考えられます。

おまとめローンでできないこと

その反面、おまとめローンでできないこともあります。たとえば、おまとめローンでひとつに返済先をまとめることができたとしても、

 

 

借入を受けている残高が0になるというわけではありません。


あくまでも現在借入を受けている金額をひとつにまとめるために「スライドする」というだけであり、支払うべき金額については基本的には変わりません。

 

おまとめローンの利用先によっては、支払う金額に含まれる利息が少なくなる可能性はありますが、それでも劇的に低くなる可能性はそれほど高くはないでしょう。また、利息が少なくなったとしてももともと借入を受けている金額については変わりませんので、

 

 

おまとめローンを利用しているからといって借金が減るということにはあたらないと考えておきましょう。


また、ひとつにまとめることができた場合であっても毎月の返済する金額についてはそれほど少なくはならない場合がほとんどです。現在利用しているところよりも低金利のところでの借り換えであれば、支払う金額も少なくなるものの、それでも元金が少なくなるわけではありませんので、毎月の支払についてはそれほど低くはなりません。

 

このように、おまとめローンではできることとできないことがあります。それぞれの特性とニーズを確認したうえで選ぶことが大切です。