おまとめローン

おまとめローンの審査に通らなかった場合の対処法

おまとめローンもカードローンの一種である以上は、審査に通らないという結果になる可能性も十分考えられます。そのような場合にはどのような対処をするのが最適なのか、ということについて考えてみましょう。まず、

 

 

絶対にやってはならないのがすぐに別の業者におまとめローンを申込むことです。


おまとめローンの審査に通らない理由としては、既存の借入に対する返済状況として何らかの問題がある場合がほとんどであり、それ以外の理由としては、収入が少ない等の申し込んできた本人の事情による要因が考えられます。

 

 

その為、先ず考えるべきは自身の状況を改善することです。


おまとめローンに限らず、カードローンの融資に申し込むとその段階で申し込んだ情報は個人信用情報機関に登録されますが、当然ながら審査に通らなかったという情報も登録されています。

審査落ちした後の対処

その為、その後すぐに別の業者に申し込んだとしても審査に通らなかった情報が残っているため審査に通る可能性はほとんどありません。しかし、それから時間を置いてから再度申し込んだ際に

 

 

状況が当時と変わっていればおまとめローンの審査に通る可能性は高くなります。


この間にできることの中で最も簡単なことは、

 

 

やはり既存の借入金額や件数を少しでも減らしておくことです。


短い期間であっても、既存の借入金額や件数を減らしておくと審査に通らなかったという情報が残っていてもその人の状況には変化があったと判断してもらうことができます。

 

また、その期間に既存の借入金額に変動があればそうした点も返済能力として評価してもらえる可能性も高まるといえるかもしれません。このように、おまとめローンの審査に通らなかった場合は、すぐに別の業者に相談するのではなく、

 

 

時間を置いて自身の状況を立て直すことが大切です。


おまとめローンの審査に通らなかった場合、その要因となるものは必ずどこかにありますので、それを考えながら行動するようにしましょう。