おまとめローン

おまとめローンと借り換えローンの違い

おまとめローンと借り換えローンは、よく似た概念のローン商品ということで並列で語られることが多いものです。まず、おまとめローンとはその名の通り複数ある借入をひとつにまとめるローン商品のことをいいます。

 

 

おまとめローンと借り換えローンはどう違うんだ・・・


借入先が複数あるということは、返済日もその数だけ存在することになりますが、おまとめローンで一本化することができれば毎月の返済日も一回で済むようになります。また、

 

 

おまとめローンの場合は消費者金融であっても総量規制の対象外となります


ので年収の3分の1を超えた金額であっても融資を受けることができます。既存の借入件数が増えてくれば必然的に借入金額も高額になっていきますので、総量規制の対象にならないのは大きなメリットといえそうです。

借り換えローンの基本的な考え方

それに対して、借り換えローンとは一般的には現在借入を受けている業者から別の業者に借り換えることをいいます。この場合は現在利用している借入よりも低い金利で借り換えることで支払う利息を減らすことが主な目的として利用されます。

 

 

返済を楽にするという目的では同じでは・・・


それによって返済を楽にしたり、返済計画をたてやすくしたりといったことができるようになるのですが、おまとめローンも広い意味では借り換えローンの一種として考えることができます。では、何故おまとめローンと借り換えローンは

 

 

高額融資になる可能性の違いです。


同じように紹介されることが多いのかといえば、いずれも返済を楽にするということを目的としているためです。特におまとめローンともなれば先述の通り返済しなければならない借入残高は高額になりがちです。

ローンの性質的な違い

また、返済する期間が長くなればそれだけ支払う利息も多くなり結果的にさらに返済が完了するまでの時間が長くなっていきます。そのため、既存の借入先よりも低い金利で利用できるところに借り換えたり、

 

 

銀行カードローンによる借り換えでは利用枠内の再キャッシングが可能ですが消費者金融のおまとめローンは返済専用になります。


あるいはおまとめローンでまとめたりすることで返済を楽にすることができます。おまとめローンも借り換えローンもその利用目的に大きな違いはありませんが、ローンの性質的に異なる部分があるといえるでしょう。