おまとめローン

おまとめローンの審査と既存の借入期間の関係

おまとめローンの審査は、すでに何らかの借入を受けている状態で申し込みを行うことになりますので、審査においてもその部分についての確認が行われます。

 

 

既存のカードローンの利用期間って影響するのかなぁ・・・


既存の借入については様々な角度から審査が行われますが、その中でもポイントとなってくることのひとつが借入期間です。これは、既存の借入に対してどの程度の期間利用しているか、ということですが、おまとめローンの審査においてはこの

 

 

既存の借入期間は特に重要な意味をもっています。


おまとめローンに限らず、カードローンの審査ではこれまでに全くカードローンを利用したことがない人よりも、ある程度カードローンの利用経験があるという人の方が審査では評価が高い傾向にあります。

借入期間の評価って?

これはある意味で転職などで募集職種に対して経験がある人と未経験の人とでは経験がある人のほうが有利であることに近いのですが、過去に借入経験がある人というのは今後の利用についても大きな問題がないだろうと考えることができるためです。

 

 

どれくらいの期間の返済実績が必要なのかなぁ・・・


おまとめローンの場合は、既存の借入先に対して

 

 

少なくとも1年以上の返済実績があることが望ましいです。


勿論、おまとめローンという事なので借入先は複数ありますが複数ある借入先1件に対して1年以上の返済実績が必要という意味です。この期間滞納をする事なく順調に融資残高も減っているようであれば、おまとめローンの審査でも評価は高くなります。

評価の低い返済実績とは?

逆に借入期間が短い場合にはまだ実績があると判断することができないため、おまとめローンの審査における評価も芳しくありません。勿論、返済が滞納しているような場合はおまとめローンの審査においては完全に逆効果です。

 

 

滞納はないけれど・・・


ポイントとなるのは、ただ毎月返済を続けるというだけでなく、

 

 

融資残高が推移しているという点です。


おまとめローンというものは返済専用のカードローンですので、融資残高が順調に減るような利用をしていることが審査でも重要な評価ポイントとなってきます。