おまとめローン

おまとめローンを利用するうえで目標とすべき利率設定

おまとめローンを利用するにあたり、適用される金利はどれぐらいが利率設定として適当でしょうか。たとえば既存の借入を消費者金融から受けているという場合は、適用される金利についても18%前後である場合がほとんどです。

 

 

既存の利用している借入利息より低ければ問題ないんだけど・・・


そのため、これよりも低い金利であれば良いというだけであれば利用先を選ぶこと自体はそれほど難しいことではなく、銀行をはじめ様々な利用先が選択肢として挙がってくることでしょう。

 

 

低ければ良いというだけではメリットがないおまとめローンを利用する可能性や審査落ちするケースもあるので目標とする利息を決めておく必要があるよ!


ではこの場合、現実的な金利としてはどの程度の利率設定なのかといえば15%前後となります。意外に高い金利だと思われるかもしれませんが、現実問題として金利が低くなればそれだけ審査基準というもののハードルも高くなります。

低金利おまとめローンに申込むリスクとは?

おまとめローンの商品そのものは銀行だけでなく消費者金融でも展開しているところが多く、消費者金融の場合は12%〜18%が適用される利率設定となっています。

 

 

できるだけ金利の低いところへ申込もうかなぁ・・・


消費者金融などのキャッシング業者がおまとめローンの利用を提案してくる理由としては、ひとつは新規顧客の獲得にありますので、最低限現在利用している金利よりも低い金利で利用できるような設定が選べるようになります。

 

 

審査落ちしたら意味がないから適切な業者を選ばないといけないよ!


それでもここで欲をかいて低金利だけにこだわりすぎてしまうと、かえって審査に通らなかったり、あるいは審査の時間が長引いてしまい逆に損をしてしまうといったことになりかねません。

返済する環境が優れている業者のおまとめローンを選ぶ

おまとめローンの利用では確かに金利を下げることがひとつの目的ではありますが、それとともに重要なのは

 

 

確実に利用できるところを選ぶといってもなぁ・・・


当然ながらおまとめローンの利用というのはある程度高額の融資を行うことになるうえ、それを低金利で利用してもらうことになりますので、業者にとってのリスクも大きくなります。

  • 返済方法がたくさん用意されていたり
  • 支店やATMが近所にあったり

といった利便性を考慮することもおまとめローンを選ぶ上でのポイント

ですが、その意味でも、金利におけるこだわりをなくすことで選択の幅を広げることが大切です。