おまとめローン

おまとめローンを利用しないほうが良い場合

おまとめローンは既存の借入をひとつにまとめることができるローン商品ですが、必ずしもまとめない方が良いという場合もあります。ここではそんなおまとめローンを利用しない方が良いという場合について考えてみましょう。

 

 

おまとめローンの利用を考えているんだけど・・・


おまとめローンを利用するための目的としては、ひとつは複数ある既存の借入をひとつにまとめて返済を少しでも楽にするという点にあります。たとえば既存の借入よりも低い金利でおまとめローンを利用することができれば、

 

 

既存の借入の金利って幾ら何だい!


トータルで支払う利息についても少なく抑えることができますので、これはおまとめローンを利用するには十分な状態といえます。しかし、現在利用している借入の金利が既に低いという状態であればどうでしょうか。

おまとめローン利用が向かない状況と利用価値を高めるには?

この場合は、現状で既に低金利ということなので低金利を目的としておまとめローンを利用するには向かない状態といえます。また、おまとめローンの返済日や返済方法についても確認しておきたいところです。

 

おまとめローンのメリットのひとつに、返済日が毎月1回になるという点がありますが、この場合はできれば自身にとって最も都合が良い日が望ましいものです。同時に返済方法についてもできるだけ面倒がない方法が選びたいところですが、もしも

  • ATMでしか返済できない
  • 自動引き落とししか選択できない

といった場合にはかなり自由度が低いものとなってしまいます。おまとめローンの利用先として、適用される金利が低いというだけで選んでしまうと、その後の返済がかえって面倒になってしまうといった可能性もありますので、

 

 

返済方法が限られているというのも考えものだなぁ・・・


そのような場合には無理におまとめローンを利用せずにそのまま返済を続けた方が良いケースも考えられます。

 

 

面倒にならない返済方法があるおまとめローンを利用しないとダメだよ!


おまとめローンを利用する目的とは、とにかく返済を楽に進めて少しでも早く完済するという点にあります。それとともに、現状でどうすることが自身にとって返済をスムーズに進めることができるかということを考えることも大切です。