おまとめローン

おまとめローンの利用では毎月の返済額に注意

おまとめローンを利用する場合、気をつけなければならない部分には様々なものがありますが、毎月の返済額についても特に注意したいところです。おまとめローンを利用する目的は人それぞれ異なりますが、

 

 

共通している目的といえるのが「返済を確実に行う」というものです。


理由はどうあれ既存の借入に対して返済を確実に行うことこそがおまとめローンを利用する際の最大の目的ですので、やはり確実に返済ができる計画を立てなければなりません。

 

 

そのうえで重要となってくるのが「毎月の返済額」です。


おまとめローンの特徴とは「別のところから融資を受けた金額で既存の借入を返済する」という点にありますので、おまとめローンで利用する分については必ず返済しなければなりません。

毎月の返済を楽にする為におさえておきたいポイント

ただし、おまとめローンを利用する際のもうひとつの目的といえるのが「毎月の返済を楽にする」というものです。

 

 

低い金利に借り換えるのは良いとしても毎月の返済額を減らすのはどうなんだ?


たとえば既存の借入よりも低金利で利用できるところから借入をすれば、トータルで支払う利息も少なくなるとともに、毎月の返済額についても少なくするといったことが可能です。とはいえ、確実に返済をするためには

 

 

毎月の返済額を少なくし過ぎると返済期間が延びて支払う利息も多くなります。


毎月の返済額が少なければ返済期間もいたずらに長くなってしまいなかなか返済を終わらせるということができません。

毎月の返済額の決め方

そのため、毎月の支払金額を少し多めにするというのもひとつの選択肢ではあるのですが、ここで最優先すべきなのは「無理なく返済できる範囲内」で返済をするというものです。確かに毎月の返済額を多くすればそれだけ返済期間も短くなるのですが、

 

 

途中で返済が苦しくなることだけは避けたいなぁ・・・


そのことだけにこだわった結果毎月の返済そのものが遅くなるようでは元も子もありません。

 

 

返済期間が延びることで利息総額が増えたとしても完済する目的を果たせるのであれば毎月の返済額を無理な金額に設定する必要はありません。


特におまとめローンの利用ともなれば、通常のカードローンと異なり「返済専用」の商品となりますので、ここで返済が滞納することになればその後のカードローンの利用にも大きく影響を及ぼすことになります。

 

おまとめローンの利用で失敗しないためにも、毎月の返済額は無理なくできる範囲で設定しましょう。