おまとめローン

信用情報機関とは何か?審査への影響は?

カードローンを利用する場合には必ず審査が必要となりますが、これは

 

 

利用者が信頼に足るべき人物かどうかをしっかりと確認する必要があるためです。


その際に金融業者が利用するのが信用情報機関と呼ばれる個人の信用情報を管理・提供する機関となります。信用情報機関にはカードローンやクレジットカードなどの

 

 

  • 利用状況や返済状況
  • 過去に遅延や延滞が無かったかどうか

といった情報が克明に記録されており、金融業者がその情報を元に個人の信用度をチェックし、カードローンの契約に問題が無いかどうかを審査することになります。

審査に重要な意味を持つ信用情報機関

もし信用情報機関の情報に問題があった場合、

例えば過去に延滞を繰り返していたとか債務整理を行ったことがあるといった情報が合った場合、それは事故情報と呼ばれる扱いになっているため、もし事故情報があればその人は審査を通過できなくなる可能性が極めて高くなります

事故情報とはいわゆるブラックリストと呼ばれる状態ですので、その状態になれば信頼に値しない顧客であると言うことになる為です。そのれほど信用情報機関の情報は重要な意味を持つことになります。

 

 

過去に滞納があったのがバレてるの??


信用情報機関は複数ある

信用情報機関には

 

 

  • JICC
  • CIC

といった会社があり、それぞれに扱っている信用情報が異なります。これは加入している金融業者の違いなども関係ありますが、根本的なところは同じで、

 

 

  • クレジットカードなどの信用情報を扱っているのか
  • カードローンや消費者金融の信用情報を扱っているのか

の違いとなります。

この信用情報機関の情報は開示請求で知る事ができる

もし自分の信用情報がどうなっているかが気になる場合は、信用情報の情報開示と言うことも可能で、それを行えば自分が現在どのような状態なのかがわかる仕組みとなっています。

JICCの情報開示方法

JICCの情報開示方法は本人が行うか代理人が行うかの2通りがあり、本人の場合は携帯電話で手続き、郵送で手続き、窓口での手続きでの情報開示が可能です。代理人が行う場合は法定代理人や任意代理人が本人の代わりに手続きを行い情報開示を行います。

CICの情報開示方法

CICの情報開示方法は本人の申し込みによりパソコンで開示、スマートフォンで開示、携帯電話で開示、郵送で開示、窓口で開示が選択できます。この点はJICCよりも開示方法が多く、インターネットで開示できる点はとても便利だと言えます。