おまとめローン

消費者金融業者がおまとめローンの提案をする理由

消費者金融というものは、現在既に別の業者から借入を受けている状態であっても融資を受けることができます。もちろん消費者金融の利用においては

 

 

総量規制の対象となりますのでその範囲においての利用となりますがおまとめローンに関しては例外となっています。


ですので、既にどこかから借りている場合に消費者金融で申し込んだ場合、手続き内容の一環として「おまとめローンの利用」を提案される場合があります。この場合は、自動契約機や店頭での申し込みなどのように、消費者金融の担当者と相談しながら手続きを進める場合がほとんどです。

 

なお、こうした提案というのは既にどこかから借入を受けている状態であればどんな場合でもされるというわけではなく、

 

 

ある程度のおまとめローンの要件を満たしている場合に限られます。


たとえば既存の借入先における利用期間が1年以上だったり、返済が問題なく続いている場合などであり、こうした情報というものは消費者金融業者の場合は審査の過程ですぐに調べることが可能となっています。

おまとめローンの利用の提案をするしないにかかわらず、返済能力を確認するためには、こうした既存の借入に対する情報というものを調べておく必要があるためです。消費者金融業者がおまとめローンの利用を提案する理由としては、

 

 

ひとつは「顧客の獲得」にありますが、最大の目的は「利益拡大」です。


融資を行った場合、その返済には利息というものが含まれます。この利息は融資を行う金額と所定の金利によって計算されますが、融資を行う金額が高額になればそれだけ利息も多くなる計算です。

 

おまとめローンの利用ともなれば、高額の融資になることが大前提であるうえ、消費者金融業者であっても総量規制の対象外となる融資を行うことが可能となります。

 

つまり、消費者金融業者にとって「おまとめローン」とは「おいしい商品」であるともいえます。当然ながらその提案を受けて実際に利用するかどうかを判断するのは利用者サイドですので、様々な事情を総合的に考えて判断することが大切です。