おまとめローン

銀行と消費者金融のどちらを選べばいいのか?

おまとめローンといえどもそれに伴う商品は非常に多いのが現実。だからこそ、多重になった借金を1本化するためのローン会社選びは慎重に行わなくてはいけません。

 

では、おまとめローン商品を提供している銀行系のローンと消費者金融ローンではどちらがいいのか?

 

この場合、ローンに伴う条件、内容をよく把握して比較検討していかなくてはいけませんが、金利の面で言うなら銀行系がやはり金利は低くなると考えられますので、金利を安くおまとめすべきと思う場合は銀行系のおまとめ商品を利用する事がおススメです。

 

ただし、銀行系のおまとめローンといえどもそれに伴う会社は非常に多いので中には金利がさほど低くないところも実際ありますし、信販系のおまとめ商品にしても金利を今まで以上利用しやすく下げているところもありますので、一慨に銀行系が一番金利が低いとは言えない状況なのです。

 

では消費者金融ならどうかといえば、やはりこちらは平均して金利は銀行系よりは高めですが、消費者金融も今では利率が規制されていますので、馬鹿高いこともなく融資が大きくなるおまとめの場合も利率は下げられますので、ひと昔前と比較しても随分利用しやすくなっています。

 

では、銀行系、消費者金融の商品いずれを選択し何を基準に比較するか?というと当然金利はたかが1%でも低い方がいいでしょう。勿論条件等のおまとめ商品における内容の違い等も必ずチェックし比較検討しなくてはいけません。

 

ただ、全般的に大まかにみればおまとめ商品の内容は殆ど変わらないので、何を基準に比較と言う部分でいうなら「金利」となりますが、基本は、借りる側が違いを見比べ比較しても審査が通らなければ当然利用もできませんので、審査の違い等を比較しご自身でも確実におまとめ出来るほうを選ぶ方がおまとめローンを検討する場合は重要だと思いますね。

 

結論として銀行系のおまとめローンと消費者金融のおまとめローンの違いは金利と審査です。

 

だからこそおまとめ商品を借入れするにあたり金利を重視しておまとめローンを申し込みする事も重要ですが、それで結果オーライなら問題ありませんが、もしかすると「銀行系は金利が低いから」と銀行系に申し込みして審査が「×」と言う事も銀行系のローン審査は消費者金融よりも厳しいと考えられますので、そうした部分もよく考慮し自身の借入れ状況等もよく認識し、おまとめローン商品を利用するという場合は検討していく事が一番重要だといえるのです。