おまとめローン

おまとめローンの具体的な利用方法

おまとめローンの具体的な利用方法はどんなものがあるのでしょうか。まず、おまとめローンを利用するにあたり前提としてよく言われているのが

 

 

自由に使うことができないというものです。


消費者金融のおまとめローンはおまとめの返済以外借りることはできない

ただし、これについては必ずしもそうとは言い切れません。確かに消費者金融などで「おまとめローン」としての商品を申し込んだ場合であれば、既存の借入に対する返済という目的でしか利用することができません

 

そもそも消費者金融で借りる場合というのは、総量規制の関係から年収の3分の1が融資可能な上限となりますが、

 

 

おまとめローンではその対象外となりますので高額融資が可能となります。


その場合には「既存の借入に対して返済する」という名目でお金を借りていることになりますので、当然ながらそれ以外の目的で融資を受けた分に対して利用することはできなくなります。

おまとめローン目的以外や銀行カードローンでおまとめローン利用した場合はこの限りではない

しかし、これが「おまとめローン」の目的で申し込んでいなければこの限りではありません。この場合というのは、銀行などのようにおまとめローンの利用に限定しない融資を受けた場合などが考えられます。

銀行カードローンでのおまとめローン利用は借入枠以内なら追加融資可能

銀行カードローンでおまとめローンとして商品を用意しているのは東京スター銀行くらいのものです。それ以外の銀行は一般申し込みからおまとめ金額を申込む事になります。

 

ですのでおまとめローンに必要な金額以上に借入枠が出た場合は追加で借りることができます。

消費者金融でも通常申込で借り入れた場合は追加融資可能

たとえば既存の借入件数が合計で100万円あったとして、その分を銀行なり消費者金融なりで借り入れて既存の借入に対して返済した場合です。この場合には、既存の借入は完済したことになり、返済する先は新たに借り入れたところひとつになるので、結果だけ見れば「おまとめローン」を利用しているのと同じことになります。

 

ただ、融資を行った業者との契約としては「おまとめローン」ではなく「フリーローン」という扱いになりますので、契約上は既存の借入先への返済以外にも利用しても問題はありません。もっとも、既存の借入先への返済に必要な金額を借り入れていることになりますので、自由に使うことができる金額はほとんど無いかもしれません。

 

おまとめローンには様々な契約のしかたがありますので、それぞれの契約によって利用できる環境も違ってくるといえるでしょう。