おまとめローン

住宅ローンを利用したおまとめローンが最終手段!?

これは更に大きな負債を負ってしまうので状況がはまらない限りあまりお勧めはできないことを先にお伝えしておきます。その方法は、

マイホームを購入して住宅ローンの借入額を借金分を足して借り入れる

という方法です。新築の家なら2,500万円程の家でも3,000万円程借り入れることが可能なのです。こちらのページの先輩>、こちらのページの編集部Hと二人のマイホームによる増額借り入れを見てきています。

 

こちらの先輩の実例を挙げると3,100万円の家を購入し、先に所有していたマンションの残債と売却価格の差額、家の購入諸費用、備品購入や改築料金(こちらの名目は本人の記憶が定かではない)によりなんと4,700万円を借り入れました。

 

備品購入や改築料金(こちらの名目は本人の記憶が定かではない)に当たるところが借入の返済に充てるところになります。

メリット
  • 返済が長期になり支払額が毎月の返済額が縮小される
  • およそ個人で借りれるローンの中で最も低金利な住宅ローンで借り換えができる

という恩恵を受けて、やり繰りに悩むことなくじっくり腰を据えて返済していくことができます。しかし、長く支払っていく上で将来のことを考えるとデメリットもたくさんあります。

デメリット
  • 大きな額の買い物(家)をすることによって巨額の負債を背負う
  • すでに家を所有している場合はその家のローンをなくすために売却しその差額も借入しないといけない為更に負債を背負う
  • 将来現在の仕事・職場に居ているのかどうか分からないため特に独り者の場合不動産を購入することは身動きが取れなくなるというリスクを背負う

と月々の返済を楽にするためにさらに借金をするリスクは否めません。この例の先輩はこのデメリットの全てに当てはまります。ですので返済できなくなった状態で冷静な判断はできないかもしれませんが、将来のリスクを考えると安易に使える手法ではありません。

 

私がこの先輩を見てきてこの手法が当てはまるという方の人物像は、

  • 現在持ち家を持っていない
  • 家族で暮らしている

という方ならデメリットを差し引いてもメリットはあるのかなと考えます。

  • 持ち家を持っていなければ持ち家を処分する際の差額分の負債を新たに抱えることがない。
  • 家族がいれば将来転職・転勤等があってもどのみち家族はその地に腰を落ち着けてせいかつすることになる。

というのが理由です。月々の返済が軽減できるこの方法は長く返済していかなければならないようになりますのでしっかりメリットを見据えて検討してほしいと思います。