おまとめローン

多くの方が陥るおまとめローンの心理的落とし穴とは?

キャッシング歴30年の当編集部のHさんの体験談です。これを読んで頂ければ多くの方が陥るおまとめローンの心理的落とし穴が分かると思います。先にこれを読んでおき疑似体験しておけばおまとめローンで月々の支払を軽減しても落とし穴にはまってしまうことはないでしょう。

マルチで借金を抱える羽目に

私は7年前から利用したキャッシングが原因で昨年まで4件のカードローンを所有し返済に悩まされていたのですがようやくおまとめローンを利用する事ができ現在は計画的に返済をしています。

 

それまでに至るエピソードと注意して意識しなければいけない点をお話したいと思います。

 

30年前の事ですがマルチビジネスに手を出してしまった際に消費者金融で融資を受けた事が事の発端でした。もちろんここでも若すぎてマルチは本当に儲かるものではないと言うことも注意しなければならないことの一つだと思います。

 

特に若い頃は、キャリアを積まず簡単にお金を手に入れたいという願望と、それを狙ったマルチビジネスの勧誘があり、落とし穴に陥りやすいものです。

 

現在の消費者金融でのキャッシングのイメージは銀行系のカードローンの利用と同じようなイメージがあり世間的にも認知されていますよね。ですが30年前の当時は大手消費者金融であってもサラ金と呼ばれ借金苦に陥る象徴のように思われていた時代です。

 

その頃の利率は年利で30%は当たり前でしたが当然収入のない人では申込む事も無理でしたし店頭での申込しかなかったように記憶しています。そして今と大きく違う点は消費者金融でキャッシングする事への意識だと思います。

 

当時はサラ金のカードローンを利用している事じたい恥ずかしい事であり厳しい取立てなどで自殺者がでている事もよく報道されていたので怖いという意識がとても強かったものです。なので、その当時は生活費を切り詰めたり副業でアルバイトをしてでも早く返済したいという気持ちが強く、何とか返済でき最悪の事態にはいたりませんでした。

 

それからバブルが崩壊し15年後、サラ金というイメージの消費者金融は少しは変化しキャッシングやカードローンというように呼ぶようになっていたと思います。というのも町には気軽に申込める無人契約機があふれ身近な存在と変貌していたからです。

 

>>続きを読む