おまとめローン

自己破産とは?

自己破産は債務整理の中でも最後の手段と言われているくらい強力な方法となっています。この方法を利用すると、即座に借金は0円となり支払いをする必要性は無くなります

借金全て帳消しと引き換えるデメリットとは?

これが大きなメリットであり、借金を無くして新しい生活が出来るのです。しかしデメリットとして、

 

 

家財などの必要な物は制限されることになり持っている家や車・預貯金等が存在すればそれも全て捨てなければならないのです。


一定の金額以上を残すことが出来ない方法ですので、自己破産を行う際には全てを捨てる覚悟を決めて確実に認められなければなりません。

第三者(司法書士・弁護士など)が必要不可欠

この方法も弁護士や司法書士の力が必要不可欠であり、自分1人で何とかする方法はかなり難しく特に裁判所の判断を受けることが難しくなります

 

自己破産は裁判所の力を持って借金を無くす方法であり、裁判所が認めた時点で債権者は何もできなくなります。そのため交渉ということをする必要は無く、強硬な姿勢で臨むことが可能となり、事実上裁判所との闘いになりやすいです。

 

ただ残っている財産については、債権者側に分配されることとなりその交渉はしていかなければなりません。弁護士がいるようならこの手続きは簡単に終わりますので利用した方がいいということです。

借金の経緯がギャンブルだと自己破産できない可能性がある

基本的には自己破産の手続きを行ったら、一度裁判所に出廷して話を聞かれることとなります。この時に借金をした経緯や、どうして返済が困難になっているのかを話さなければなりません。

 

この内容によっては免責が下りないこともありますので、弁護士等と協力して最適な内容を作り上げることも必要になります。

 

財産等の処分がしっかりと行えていることを裁判所が確認し、自己破産を行っても問題が無いと判断されれば、免責という形で自己破産の許可が下りることとなります。

家庭が有る場合は家族にも迷惑が掛かることとなる

個人再生よりも短い期間で免責を手に入れることが出来るだけでなく、借金を全て帳消しにできるいい方法ですが、残っているものも少ないために、生活は質素なものに変えなければなりません。

 

独り者の場合はこれでも何とかやっていけそうですが、家族がいる場合は家財も何もないのでまず引越しをしなければなりません。その他風評にもさらされる事となるので

 

 

家庭のある方はここに至らないように注意して借り入れしなければなりません。