みずほ銀行カードローンおまとめローン

みずほ銀行カードローンはおまとめローンとして利用できるのか?

 

みずほ銀行カードローンはおまとめローンとして利用できない!

みずほ銀行は、日本屈指の大手都市銀行のひとつですが、カードローンの商品についても低金利で利用できることから高い人気があります。金利が低いということは、カードローンを利用する際に支払う利息が少なくなるというメリットがあり、金利については

 

 

消費者金融よりも銀行の方が低金利で利用できる傾向にあります。


もうひとつ低金利で利用する場合の意義といえるのが、おまとめローンなどのように既存の融資に対して「借り換え」る場合です。
みずほ銀行では、「おまとめローン」として利用できるカードローンの取り扱いは用意されていませんが、既存の借入金額と同じ金額をみずほ銀行で融資を受け、その分で返済をすればおまとめローンを利用しているのと同じ状態にできます。

 

ここで問題となるのは、実際におまとめローンを利用開始するまでの審査です。言うまでもなくおまとめローンの利用であってもなくてもみずほ銀行カードローンを利用するためには、

 

返済能力を確認するための審査が行われます。また、低金利で利用できる関係からみずほ銀行では融資を実行するまでの審査を確実に行う傾向にあり、誰でも申し込むことができるとはいえ、誰でも無条件に利用が開始できるとは限りません。

 

みずほ銀行のカードローンを利用する場合のひとつの基本ともいえるのが、「高額の融資で申し込まない」というものです。おまとめローンですので、どうしても一回あたりの融資額というのは高額になりがちですが、ここでは敢えて一回で全ての借入をまとめるのではなく、

 

 

多くても3社までにとどめておくというのがおすすめです。


みずほ銀行で借入を受ける金額に一定の制限を設けることがこの方法の基本的な考え方にあり、融資を受ける金額が少なくなればそれだけみずほ銀行の審査に通る可能性も違ってきます。

 

もちろんこの方法は、既存の借入に対して延滞などをせずに確実に返済をしているというのが前提となります。最短で即日利用も可能なみずほ銀行のカードローンだけに、こうした「実績」についても問題がないか事前に見なおしておきましょう。

 

同じくおまとめローンにオリックス銀行カードローンをと考える人は多いと思いますが、審査を受ける前に自身のカードローンの利用履歴などはしっかりと把握しておきましょう。

 

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

みずほ銀行カードローンの在籍確認はあるのか?

先日、初めてネットの結婚相談サイトに登録しました。本当は結婚相談所に登録して、お見合いパーティーに行ってみたいと思っていたのですが思った以上にお金がかかりそうなので諦めました。

 

入会金に加えてパーティー参加費など、とてもではないけれども1年間続けることが難しいほどかかりそうでした。もちろん、入会してすぐに良い男性と巡り会うことができればそれほどお金もかからないと思うのですが先日在籍確認あるみずほ銀行カードローンに申込みました。

 

よって婚活が長期戦になることを見込んで、私はネット婚活スタイルにすることに決めました。

 

ネットの結婚相談サイトも、登録する時は結婚相談所に登録する時のように厳しい書類審査があるので冷やかしで登録する人はいないと思われます。以前は既婚者でも登録できてしまうような結婚相談サイトもあったようですが、さすがに

 

 

今はそのような怪しいサイトは少なくなってきているようです。


登録時にきちんと自分で怪しいサイトではないかどうかチェックして利用すれば、危ない目に遭うことはないと思います。

page top