おまとめローン

おまとめローンの審査のコツ

複数のカードローンからプロミス・アコムに一本化する方法

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)・アコムは消費者金融の中でも大手と呼ばれる企業のひとつであり、メガバンクのグループ企業であることから、高い人気のある業者でもあります。そんなプロミス・アコムを「おまとめローン」として利用したいという場合には、

顧客に一方的有利となる借換えという仕組みを利用することになります。

たとえば複数のところからキャッシングの利用をすること自体はそれほど珍しいことではありません。

 

もちろん借りすぎた場合には返済が大変になる以前に融資を受けることもままならなくなるのですが、それでも実際に借りている人にとってはやはり毎月の返済先が多いというのはあまり良い状態ではありません。

 

そんなニーズに対応するのが、『おまとめローン』複数からの借入を一本化するというものです。各方面から高い人気のありますし、銀行のおまとめローンよりもしっかり審査で与信を見てくれるプロミスやアコムですから、ローンの一本化という点においても当然利用したいと考える人もたくさんいます。

 

当のプロミス・アコムで借り換えの仕組みを利用するというのは、一言でいうと既に借入を受けている金額をアコムから融資を受けて、それを利用して既存の借入先に返済を行う作業をすることによって顧客に一方的有利となる借換えになりますので冒頭でお伝えしたとおり、

しっかりプロミス・アコムにおまとめローンとしての利用であることを伝えることが重要になってきます。

審査が通ればその後はプロミス・アコムに借りた分を返済すれば良いということになります。こうすることで、複数から借り入れている分についてはプロミス・アコムへの返済に一本化することが可能です。

 

 

プロミス・アコムで返済先を一本化するメリットとしては、やはり様々な意味で「返済が楽になる」という点があります。

 

 

  • 返済先が一箇所になることで毎月の返済額もわかりやすくなる・減る
  • プロミス・アコムに一本化することで一件の業者への借入金額が増え元々の金利よりも低金利となり返済する金額の総額を少なくする
  • もし返済の際に支払額とは別に手数料などを支払っているのであればこうした手数料の節約にもつながる

といったメリットもありますので、こうしたことを考えるとプロミス・アコムで返済先をまとめるといったことは非常に有益で、このシステムを利用することにより審査能力の高いプロミス・アコムをおまとめローンとして利用できるようになるのです。

 

プロミス・アコム共に申し込みも自動契約機をはじめインターネットから申し込むことができるシステムが整っていますのでまずは申し込みをして当編集部Hのように担当者に相談してみる価値はあります。

 

 

自身の与信に自信がある!


のなら低金利のおまとめローンが有利です。まとめるなら早ければ早いほど有利なのでしっかり審査のできる低金利の下記優良おまとめローンから選びましょう。

このことをしっかり理解して大手消費者金融に申込め!

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

スピード融資・スピード審査で有名なプロミスはおまとめローンの相談もアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれますし、同条件で融資可能なレディースローンでは女性オペレーターが相談に乗ってくれますで安心です。
パート・アルバイトでも定期的収入があれば申込可能なので相談してみるのもいいですね。
申込・審査時の会社への在籍確認の電話が困るという方にもプロミスなら電話とは別の方法で確認する相談も可能なのも嬉しい限りです。
もちろんスピード融資にも

  • 即日振込は平日14:00までにオンライン契約完了
  • 即日カード発行は当日中にオンライン契約完了で最寄の自動契約機で発行可能
  • (審査結果による)

で対応してくれます。初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も見逃せないサービスになっています。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

知名度も抜群で安心感があるアコムはメガバンクを含む複数の銀行の保証会社をも務める審査のスペシャリスト。パート・アルバイトでも定期的収入があれば申込可能です。
金利も年4.7%〜18.0%と低金利で借入最高500万円とおまとめローンには申し分のないスペック。しっかりとおめとめローンで審査してもらうことによって借入が可能になる確率は高くなりますよ。
家族に心配掛けないように自宅への郵送物を止めてもらいたい方も申込時に掛かってくるオペレーターからの電話でその旨を伝えれば避けることもできますよ。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
モビット

モビットにはおまとめローンという商品はありませんが限度額最高800万円の頼れるローン。資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能です。アルバイト・パートでも定期的収入があれば審査可能ですので申込後のオペレーターからの電話の際に相談してみるのもいいですよ。
ネットで融資まで完結できる『WEB完結』で電話連絡なし・自宅郵送物なしで家族にバレずに申し込みすることもできるので重宝されています。金利も年3.0%〜18.0%ですが利用の金額では十分低金利なスペックで適しているということができるでしょう。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

消費者金融でおまとめローンを組む際の注意点

ネット申込後に必ずおまとめ利用である事を消費者金融業者に伝達する

すでにお伝えしていますが、消費者金融でおまとめローンを申込む際には必ず

 

 

おまとめローンでの申し込みであることを消費者金融に伝える必要があります。


おまとめ・借り換え専用ローン以外のカードローンでは『おまとめローンの申込』なるものがネット申込みの入力欄にありません。従って申し込みを受けた消費者金融は、通常の借入として審査を開始します。そうなってしまうと例えば、

年収300万円のAさんが消費者金融でのおまとめローンを申込んだとします。現在の借入は

  • A社・・・50万円
  • B社・・・30万円
  • C社・・・30万円

で、合計110万円のおまとめローンの申し込みです。これが通常の借入として審査を開始されると総量規制により、Aさんの年収300万円の1/3である100万円までしか消費者金融は貸す事ができません。ですのでAさんのおまとめローンとしての借入希望額の110万円がこれを超えてしまう為自動的に審査に落ちてしまいます

ということになってしまします。ですのでもう一度言いますが、

 

 

おまとめローンでの申し込みであることを消費者金融に伝える必要があります。


消費者金融の場合おまとめできない借入先がある

消費者金融の場合おまとめできない借入先があり、その借入先を含むおまとめローンは組むことができません。

  • 銀行カードローンを含む銀行からの借入
  • クレジットカードのショッピング

これらを含むおまとめローンを組む際は銀行カードローンに申込まなければいけません。

おまとめローンの場合は借入先に直接返済

通常消費者金融のおまとめローンは『顧客に一方的有利となる借換え』を遂行する為におまとめの借り換え先の金融業者に直接申込者名義で返済します。その為申込者にはお金は一切入ってきませんので注意が必要です。

一部消費者金融ではおまとめローンの場合強制的に口座振替

消費者金融でおまとめローンをする際、一部消費者金融(アコム)では口座振替が必須になっています。ですので、

  • ATM返済
  • 振込返済

が一般のアコムの借入のようにできませんので注意が必要です。

低金利な銀行でおまとめローンをする

 

  • 総量規制の対象外である
  • 低金利である

以上の理由から本来銀行カードローンでおまとめするのが一番望ましいのです。しかしいくら総量規制対象外といってもやはり

 

 

銀行カードローンは低金利なので審査が厳しくなるのは避けられません。


 

では銀行カードローンでおまとめローンを申込む指標は?


カードローンの審査基準などは公表されていませんので一概にあれはダメ・これは大丈夫などは言えません。しかし審査が厳しい銀行カードローンこそ

 

 

総量規制の範囲内が目安と考えられます。


おまとめローンの審査に問題がないのなら低金利な銀行カードローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

オリックス銀行

オリックス銀行カードローンは限度額最高800万円と高スペックなカードローンになっていますのでおまとめローンとしての利便性も高くなっています。高額借入は低金利な設定になっていますのでおまとめ時も低金利。各種サービスも充実しており、携ATMが多数ある中で他のカードローンではあまりない提ATM手数料が無料になっているところも人気の一つです。
申込時に必要な収入証明も原則300万円の借入希望までは不要になっているので、それ以下の希望額の場合は収入証明書を用意する必要もありません。月々の返済は7,000円〜になっており、おまとめローンには検討したいカードローンです。

金利 年利 3.0〜17.8%
限度額 最高 800万円

あまり告知されてはいませんが実は住信SBIネット銀行の低金利住宅ローンにお世話になっている方も多いのではないでしょうか?
住信SBIネット銀行MR.カードローンも超低金利でおまとめローン・借り換えローンに適しています。個人の与信状況によってプレミアムコースとスタンダードコースの2つのコースで審査されますが、スタンダードコースでも年14.79%〜でプレミアムコースなら年7.99%〜2.49%の超低金利でおまとめ・借り換え可能な上に住信SBIネット銀行関連ローン利用状況によりさらに0.5%金利優遇されるサービスもあります。

金利 1.99〜7.99%
借入限度額 最高1,000万円

じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資したネット銀行です。借入も最大500万円までとおまとめローンに十分なスペックで金利も2.4%〜17.5%と低金利になっています。
借入上限額が100万円以下の場合は収入証明書も必要なしでauユーザーの借り換えなら金利0.5%の優遇もあり、月々の返済も3,000円からと小額になっています。

金利 年利 2.4%〜17.5%
限度額 最高 800万円

ネットバンク大手のジャパンネット銀行の超大型ローンがジャパンネット銀行ネットキャッシング。ジャパンネット銀行の口座に振込融資という形での借入方法で現金はキャッシュカードで引き出すカードレス方式になります。
収入証明の提出が面倒な方は極度額300万円までは必要ないので安心ですね。最高限度額が高いので高収入の方のおまとめローンにも検討したいところです。

年率 年2.5%〜18.0%
借入限度額 最高1.000万円

おまとめローン審査はどんな感じで行われるの?

おまとめローン審査はどんな感じで行われるのか?それは幾つかの審査項目をチェックしてそれぞれの申込者のスコアリングを統計して

  • 審査を通すのか
  • 通さないのか
  • またいくつかを再確認してから審査結果を出すのか

を決定しますが、中には審査に落ちる方ももちろんいますし、通る方ももちろんいます。人により審査の可否は異なりますが、実際>審査に通りやすい人や通りにくい人と言うのも存在します。審査を通過する方の属性は

  • 職業で安定収入が見込まれる場合
  • 家族構成に問題がない場合

です。では逆に審査に通りにくい・審査落ちしてしまう人はどんな属性になるかというと、

 

 

上記の条件に問題がある方


と言えます。まとめるとおまとめローンの審査で重要となってくるのは、

 

 

  • 属性
  • 信用度

もちろん通常の借り入れ時も重要なのですが、借入額が大きくなるおまとめローンでは当然この項目を厳しく見ていくということになりますので、

 

 

  • 借入額が多い
  • 借り入れ件数が多い

という事はそれだけ貸し倒れになる可能性も高くなりますのでローン業者は審査に慎重にならざるを得ません。収支のバランスが返済の方が多くなる場合は、

  • 借り入れ期間
  • 返済額

をじっくり考慮したうえで、その返済続けていけるより安定した収入が必要になってきます。この安定収入が満たない場合には残念ながら、

 

 

審査落ちする可能性が高いと言えます


審査に通らない方はつまりこんな方

属性が悪い方
  • 借入金額が多い
  • 借入件数が多い
安定した収入が見込めない方
  • 返済計画の破綻の恐れのある
その他の審査落ちの要因となるもの
  • 賃貸の住宅に住んでいる方
  • 固定電話が無いという方
  • 離婚歴がある場合
  • どこの銀行とも取引が無いという場合
  • 正社員で働いていない

これはいつでも夜逃げできる体制にある恐れがあるということです。逆に持ち家だとその家を簡単に手放す事はできませんし、家族がいるなら更に簡単に夜逃げできないと言う状況にもなりますので審査にはいい方向に影響する事になります。

 

おまとめローンは借入金額が大ききくなりますので当然業者側も審査は厳しくなりますので、こうしたその他の要因で審査落ちしてしまうこともあります。

 

おまとめローンの審査は、極端に厳しい審査ではありませんが、収入の安定が見込めない相手には貸ませんし借入れの極端の多い方も勿論審査は「×」と考えていいでしょう。現在編集部が調べた上でのおまとめローン人気ナンバーワンはオリックス銀行です。

 

オリックス銀行にはおまとめローンを選ぶ上での基準となる金利の低さ、限度額の高さ、おまとめローンの審査などが一番なんですね。

 

他にも銀行系の住信SBIネット銀行なんかもおまとめローンや住宅ローンに力を入れていて低金利です。総量規制後の消費者金融系でのおまとめはどうなのかと言うことですが一度モビットに審査を申込んでるといいかもしれません。

おまとめローンの審査

おまとめローンのメリット

おまとめローンは、複数ある借入を一本化し、月々の返済額や総支払額を抑えることができるという大変大きなメリットをもっています。

 

しかしながら、おまとめローンは「新たに受けた融資で、すでにある借入金を一括返済する」という仕組みとなっていますので、融資金額が大きなものになりがちです。

おまとめローンの審査は厳しくなるのは必然

そのため行われる審査は厳しく、また精査される傾向にあります。特に、銀行系のおまとめローンは金利が比較的低く抑えられており、融資金額の上限も大きいため、様々な申し込み制限がなされている場合がほとんどです。

 

この審査や条件がクリアできない方の場合は、消費者金融会社や信販会社が行っている「フリーローン」を代替的に活用することも可能ですが、銀行のおまとめローンよりも金利が高いといったデメリットもあるということを、しっかりと把握して検討することが重要になります。

 

おまとめローンで行われる審査項目・審査基準は多岐に渡りますが、その中でも特に重要視され

 

 

この項目が条件に合わなければ即NG


いったものがあります。その項目とは以下の3つとなっています。

勤続年数

返済事故の有無

多重申込み

勤続年数

まず、勤続年数についてご説明しましょうおまとめローンは融資金額が高額となるため、申込者の返済能力を重要視します。そのため、申込時時に「正社員であること」といった条件が明記されているケースも少なくありません。

 

また、申込者の方の社会的信用度の目安として勤務年数が用いられ、勤続年数が短い方の場合は申込即NGとなるケースがほとんどです。1年程度の勤続年数は、審査では良い評価が得られないと考えて良いでしょう。

返済事故の有無

次に返済事故の有無です。返済事故は、3ヶ月以上の返済遅延、代位弁済、債務整理、自己破産などのことを指し、返済事故を起こした場合その事実が個人信用情報機関に登録されます。

 

この事故情報は、個人信用情報機関の会員となっている金融機関側が照合を行えますので、隠すことは絶対にできません。この返済事故が確認された場合、おまとめローンは申込不可だと判断されます。

多重申込み

最後に多重申込みについてご説明しましょう。多重申込は、短期間に複数社へ融資の申し込みを行うことを指します。一般的には1ヶ月以内に連続して3社以上申し込みを行うと多重申込と判断されるとされ、このことが確認されると、審査担当から

 

 

緊急性の高いお金に困っている人物


と判断され、非常に審査が通りにくくなります。但し、金融会社への申込履歴は消費者金融系であれば1ヶ月、それ以外は半年で消去されますので、それを踏まえて申し込みを行うと良いでしょう。

 

おまとめローンの審査は、おまとめローンの持つメリットの大きさに比例して厳しいものとなっています。申込の際には自分の現状を良く理解し、すぐに申し込みが可能なのか、それとも審査に有利に働くタイミングを待つべきかを、しっかり判断するよう心がけて下さいね。

おまとめ件数によるおまとめローンの審査

おまとめローンは一般的には複数からの借入を一本化するという商品のことですが、複数の業者から借入を受けることそのものは特に珍しいことではなく、実際にこうした借り方をしている人もたくさんいますし当編集部Hも然りです。

 

複数の業者から借入を受けている場合には、当然ながらそれぞれの業者に対して返済義務が発生します。

  • 約定されている返済日がすべて同じ日とは限らない
  • 一か月の間に何度も返済しなければならない

といったデメリットもあります。おまとめローンには、こうした複数からの借入を一本化して、

  • 約定されている返済日がすべて同じ日とは限らない
  • 返済額を減らして楽に返済することができる

というメリットがあります。このおまとめローンの基本的な仕組みとしては、

 

 

ローンをまとめる業者で他の借入分を肩代わりしその分に対して返済をする


という流れになります。いわば、一種の「借り換え」ということになるのですが、それだけに審査については通常のキャッシングの申し込みに比べやや厳しいといわれています。

 

そもそも既に複数のところから借入を受けている状態で借り換えを申し込むことになりますのでそれだけでも簡単にまとめられるとは思えないのではないでしょうか?こうしたおまとめローンの審査において重視されるポイントとしては、トータルの借入金残高ではなく、

 

 

どれだけの数の業者から借入を受けているか


という点になります。借入を受けている業者が増えればそれだけおまとめローンを行う業者ごとに交渉する先が増えるということになり、それだけ手間がかかることになるためです。

 

そのため、トータルの金額は少なくても借入を受けている業者の数が多かった場合に審査に時間がかかったりするケースがあります。また、そのうえでトータルの借入金残高が多かったりした場合にはおまとめローンの審査が通らないといった場合も考えられます。

 

おまとめローンの審査基準というものはそれぞれの業者によって異なりますので、1社で断られても別の業者であれば審査に通るといったこともあります。そのため、おまとめローンの審査については何社か相談してみると良いかもしれません。

総量規制について知っておこう!

年収の3分の1しか借り入れする事が出来ない総量規制が2010年6月18日より法改正されました。借入れが出来なくなった方はヤミ金へ流れてしまうことが懸念されていますが、ヤミ金に手を出してしまう前に

銀行の借入れ・銀行おまとめローンは総量規制対象外ということを知っておいてください。

銀行のおまとめローンは専業消費者金融よりも少し金利は低いですがもちろん審査は慎重です。スピード重視なら専業消費者金融、普段使う用には銀行のおまとめローンももっておくことが賢い選択です。もちろん借りないことに越したことはないですが。。。
借入れは計画的に実行し、しっかりチャンスを掴み取っていきましょう。

おまとめローンの審査に落ちた場合はどうすればいいの?

おまとめローンは複数借入を一本の借入にまとめてしまうローンです。毎月の返済額も減り、一ヶ所の借入額が大きくなるので金利も低くなるので複数借入をしている方の強い味方となってくれますが、当然借入額が大きくなるので審査も更に厳しくなります。そうなってくると

 

 

審査の厳しい銀行では更に厳しくなり、審査に落ちてしまうことも多々あります。


そういった方はメガバンクや複数の銀行の保証会社も務めるアコムやモビットでのおまとめローンならしっかり審査してくれますので審査の申込をしてみてください。

 

ただし、借入額が年収の1/3を超える場合は総量規制に抵触するので審査に落ちてしまいます。しかし、総量規制には除外というものがありその中の、

顧客に一方的有利となる借換えつまりおまとめローンは除外の対象となる

のでしっかりとおまとめローン目的で借りたいということをプロミスに伝えてくださいね。おまとめローンは複数の借入を一本化することによって月々の返済額を減らすことができます。更に借入額が当然大きくなるので金利が低くなることが見込めます。

自転車操業になる前に気付いて早めのおまとめローンに切り替えを!

収入の予定が後に控えているので前借気分でキャッシング。ところが、急な出費が重なったり入るはずの収入が入らなかったりすると別のところで借りて返済する。よくある自転車操業のパターンです。編集者も某運送会社で働いていたのでこういった事例はしょっちゅう見かけました。

Aさんは周りで競馬で勝ったいい話ばかりするので(実は人は負けた話はあまりしない)自分もと思い馬券を購入。みごとビギナーズラックで勝ってしまいました。味をしめて週末は馬券売り場へ。しかし早々勝てるものでもなく手持ちはなくなってしまいました。しかし、勝った時のことを忘れられないAさんはキャッシングで軍資金を得て勝負。。。

 

みごと散ってしまいました。焦ったAさんは返済のための倍返しを狙い再びキャッシング。。。こうしてとても自分で回しきれないほどの利息になってしまったAさんはとうとう会社のお金に手を出すことに。当然会社にばれてしまう羽目になり懲戒解雇に。収入源すら失ったAさんは借金取りから逃げるために蒸発してしまいました。

このパターンはもういやというほど見てきました。上記の例では倍返しを狙う時点で諦めておきたいですね。諦めた上でしっかり返す。無計画に借りた借金だから当然返すのはキツイです。ですからすぐにでもおまとめローンで月々の返済額・金利を低くして全うに返していってください。

 

自転車操業になる前に気付いておまとめローンに切り替えるのは早ければ早いほど有利なんです。キャッシングの審査は年々厳しくなっています。消費者金融のカードローンも総量規制で年収の1/3以上は借りられなくなっています。ということは借りすぎてしまった場合のおまとめローンにも総量規制がかかり一本化しにくくなっています。しかし何事にも抜け道というものがあるものです。実際借り入れ一本化できなければ消費者を救えないですからね。そういった相談はおまとめプランのあるプロミスに会員サイトから相談してみると良いでしょう。

 

担保にならないものの購入費用を用立てなければならない時こそ無担保ローンの出番です。しかし金額がそれほどでもない時はクレジットカード 年会費無料のカードでのキャッシングでも十分間に合います。お正月用のかになべの材料の購入もかに通販でカードで購入することにしました。